02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Mac使いの私がWindowsに乗り換えるのに必須と思ったソフトたち 

このエントリーをはてなブックマークに追加
MacからWindowsパソコンに乗り換えて3ヶ月近くたちます。

工夫次第で物足りないWindowsパソコンも
Macのように使い勝手の良いパソコンに生まれ変わります。

私が言わなくてももっと良い方法を知っておられる方も多いでしょうが
せっかく、いろいろな情報を集めたので一応公開しておくことにしました。


(1)Microsoft Security Essential
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials
ご存じ、ウイルスソフトです。
効果のほどは分かりませんが、OSの開発元の提供するソフトですから安定感はありますし、
何しろ無料ですからこれに勝る代物はありません。
他のソフトへの影響もほとんどないようです。
こういうのは何も感じないことが良いソフトの条件だと思います。

(2)nami2000
http://www.geocities.jp/my_ultraseven/mozart/_start.htm
有名なアウトラインプロセッサーです。

どこが良いかというと
・テキストのみで単純。(リッチテキストは不可)
・安定している
・キーカスタマイズ可能で自分の好きなキーショートカットに変更できる。
・テキスト文字数指定できる。行番号表示できる
・ファイルを外部エディタで編集できる

ブログの下書きやメモ等はここに書いておくことが多くなりました。
簡単に起動できて重要と思う記事をアウトラインの上の順序に。
重要でないのは下の方にしておくと管理しやすいです。実は今の記事もこれで書いています。

特筆すべきは、テキストファイルの管理がこれで
プロジェクト管理のようにできることです。

WZ等のエディタを便利に使っているのですが、放っておくとテキストファイルは増える一方。
また、複数のテキストファイルをプロジェクトのように
まとめて保管しておきたいのですが、なかなか思うような仕組みを持ったソフトは見当たりません。
WZエディタにもプロジェクト管理という仕組みがあるのですが、
DropBoxのようなクラウドを経由すると
他のパソコンでこのプロジェクトを利用はできないようなのです。
それでこのソフトです。
このソフトならクラウドにNamiファイルを置いて管理できます。
アウトラインの同階層に管理したいテキストを入力しておけば
プロジェクト管理と同じ効果を得ることができます。
後は外部エディタにWZエディタを指定しておいて、起動できるようにしておけば、
好きなキーボードショットカットで編集ができます。
簡単・快適です。

(3)AltTabXP
http://www.gigafree.net/utility/task/alttabxp.html
ALT+TABのタスク選択をマウスの2つのボタンを素早く押すことで実現するソフト。
機能はこれだけで簡単です。でもマウスで実現できるところが単純で良いです。

(4)Orchis
http://www.eonet.ne.jp/~gorota/
ランチャーソフトです。
このソフトにいろいろなソフト、書類、フォルダー等を登録できます。
私は「無変換」をホットキーにし、さらに画面下にマウスが近づいたら
起動するように設定しています。これでマウスだけで書類やソフトを簡単に起動できるようになりました。
MacBookには驚くように便利なタッチパッドがありますが、
このソフトを導入することでMacに劣らないUIが構築できます。

(5)WZエディター
http://www.wzsoft.jp/wz7/index.html
私のキラーソフトです。文字アウトライン機能。インデント、色分け、縦書き。400字換算枚数表示
こんなのMacではできません。

(6)gdipp
http://blog.livedoor.jp/tanahata/archives/52760262.html
ウインドウズの欠点はフォントが細くて見にくい、汚く見えるコトです。
このソフトを導入することにより、MacのようなClearTypeフォントを導入しているようなそんな効果で、
フォントが見やすく綺麗になります。
これがあったからこそウインドウズでも我慢しています。


(7)GooGle Chrome
これは別にMacにもウインドウズにも両方ありますが、しょっちゅう使っているのでおまけで書いておきます。
<拡張機能> 
・Silver Bird ……Twitterを表示します
・BoogleMarks …… GoogleBookmareksを綺麗なレイアウトで表示してくれます。
・Evernote Web クリッパー ……これで収集した画面はレイアウトが崩れず綺麗です。


他にも導入しているソフトはいくつもあるのですが、まだ、検証しきっていません。
後日日を改めて紹介していきます。

今回はこんなところで。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/30 Fri. 01:12 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

30

SDD搭載パソコンのバッテリー持続時間を検証する 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、私が所有しているノートパソコンは

レッツノートJ10 CF-J10QYBHR
東芝 R731/W2PD
MacBookAir13inch
の3台です。

いずれもSSD128GB搭載の超速パソコンでバッテリーの持続時間は
公称でJ10が12時間、R731 が13時間、MacBookAir13inchが7時間です。

でも、外出の時にバッテリー切れになるまで使うことはほとんど無く、
実際にバッテリーがどの程度持つのかをはかったことがなかったので
暇だったので、実測してみました(^^)

環境としては
・30分前後のWEB閲覧
・スリープすることなくパソコンを起動
・適当にエディターで書き物
・液晶輝度は中間よりやや暗めの設定
・Wi-Fiは常時ON状態
といった具合です。

なお、MacBookAirはBootCampでWindows使用時ということになります。
残量10%で電源不足の警告がでるまでを計測しました。

まあ、適当な実証実験ですがニュアンスが分かれば私は満足でした。

結果
・レッツノートJ10  7時間
・東芝R731    7時間半
・MacBookAir13inch 5時間

やはりどのパソコンも10時間は持たないようです。残念。

実際には時々パソコンのふたを閉じてスリープさせたりするでしょうから
朝から夕方までなら良いでしょう。でも、朝から夜までとなるとちょっと危ないかな?
特にMacBookAirはちょっとしんどいでしょう。

一般的に公称値の6掛けと言われるのですが、本当にその通りの結果でした。(アップルを除いて)

丸一日持つパソコンを選ぼうとするなら公称値16時間以上のパソコンを選ぶ必要があるようです。

そりゃ、贅沢品かもしれません。

関連記事

Posted on 2012/03/29 Thu. 23:14 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

29

SONY Reader T1を自炊読書端末として使う! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型iPad 購入はあきらめました!

家電屋さんで現物を見てきましたが、確かに液晶が綺麗で文字などが見やすくなっている。
それは認めますが、今の自分にはそのメリットはないように思えたからです。

相変わらず重いし、大きいので頻繁に外には持ち出せない。
iPad2で十分。
多分、日経新聞など精細な文字をiPad版で読む人たちは必須かも知れません。

秋口には8インチ版iPad、iPhone5も予定されているようですし、
なにしろシグマさんのDP1Merrillも近々発売される予定です。
今は金の出を絞っておかないと、対応できません……。

で、今日は別の愛用品をご紹介しようと思います。

それは
Sony ReaderT1です。

R2283328 (800x531)

ご存じ!電子書籍専用端末です。

この商品
正直あまりはやっていないみたいです(^_^;)

iPadには叶いません。機能面で明らかに劣ります。
動作はもっさりしていますしブックマークとかメモ機能とかお世辞にも実用的とは言い難い。
ときどきフリーズしますし。
あ、ご注意願いたいのは、私の使用用途は100%自炊PDFの閲覧です。
電子書籍は毛頭買うつもりはありません。(関係者の方ごめんなさい)
ですから、あくまで自炊PDFを閲覧する場合の使用感です。

この端末のメリットは

・軽い
・目立たない(と思っている)

この2点に極まります。
そしてこの2点が大事なのです。

電車やバス亭、待ち合わせ場所で暇なときに立ったままでもさくっと読める。
いつでもどこでも。軽くて負担にならない。
iPadを持ち出すとちょっと勇気がいりますが、これなら心理的・物理的負担ゼロ。
目立ちませんから。
重量は168g 専用カバーをつけても250gという軽さ!

画面自体は小さいですし、拡大縮小も非常にもっさりで使い物になりませんので(個人の使用感)
読めるのは単行本までです。A4サイズの書物は読めません。

R2283330 (519x800)
単行本サイズ ※余白カット機能適用後

R2283332 (531x800)
文庫本サイズ ※余白カット機能適用後


また、ページ移動にスライダーやブックマークも用意されていますが、
これも実用的ではなく驚くくらいもっさりです。

ただ単にページを1ページめくる。もどす。
この単純操作なら我慢できます。(ほんのまれに我慢の限界を超えることもありますけど)

かろうじて朗報はカスタムビュー機能があって、
画像の余白を自動でカットして表示してくれる機能があること。
そして、液晶のコントラスト等をカスタマイズできることです。

この機械を扱うのに画像調整ソフト(ChainLPとかいう……)が必須のように
レビューで書いてある人もいらっしゃいますが、
カスタムビュー機能があるおかげで、スキャンしたPDFは素のまま読めます。
ありがたいことです。

R2283336 (531x800)

本を持ち歩きたいけど、かさばるし重いので自炊PDFを活用したい。
だけど、iPadやアンドロイド端末は重くて目立つのでちょっと……とお考えの方。
検討の価値ありです。

この端末なら常時鞄の中にいれておいておいても気になりません。
人の目の前で堂々と操作できます。

但し、動作はiPadの10分の1、いや、20分の1というのは覚悟ください。
でも、あくまで読書はできますので、ご安心を。




関連記事

Posted on 2012/03/19 Mon. 02:21 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

19

WindowsとMacのファンの音 

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり深くは考えていなかったのですが、
本格的にWindowsを使い始めて気になってきたのが「ファンの音」です。

今までMacはiMac、MacBookプロ、MacBookエアとほとんどのマシンを渡り歩いてきたのですが、
ファンの音は全くと言っていいほどしませんでした。
思い出すのはせいぜいSnowLepardをLionにバージョンアップしたときに、
ファンが盛大に回って、ああMacにもファンがあったんだと気づいたくらいです
。むしろHDDがカリカリいった音の方が思い出には残っているくらいです。

ズーっとそんな静音環境に慣れてしまうと、ちょっとしたファンの音が妙に気になってくるのです。
今、私が所有しているのはレッツノートJ10と東芝のR731で両方とも
SSDタイプのWindowsではファン音が静かだと分類されている類いのものなのですが、やはり音がします。

R731の方は「ミー」という高音です。
蚊の泣くような音というのがあたっているような気がしますが、
だから余計に始末に負えないのです。小さくてもあの高音が気になって仕方がない。

J10の方はサーッという音です。こちらの方は普段はほとんど気になりません。
さすが、レッツノートです。
しかし、常時ファンは回っているようで何かの弾みに
深夜作業したりするときには気になってきます。
電源ユーティリティーでファンの回転数は低速にすることはできるのですが、
限界があるようです。

こんなに神経質になるとは思いもしなかったのですが、仕方なく、
MacBookAirにBootCAmpを導入し、そこにWindows7を入れてみました。

見事な静音です。音がまったくしません。

しかも、ソフトの起動、操作がWindowsより早くきびきびしているような気がします。
Macはすばらしい!!

問題はこの静音で将来的に影響があるかないかです。

ファンで冷却しないでCPUに負荷がかかるのではないかと心配です。
また、BootCampのトラックパッドがいまいちMacの時と扱いが違うようなので戸惑っていますし、
バッテリーの持ちとか未開拓のところだらけなのですが、
しばらく様子をみて使い倒してみたいと思います。

OSは進化しないでいいので、質をあげて欲しいですね。

関連記事

Posted on 2012/03/19 Mon. 00:37 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

19

お勧めのiPad2用ケース 

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいiPad発表されましたが、
私はいまいちな感がしています。
液晶は良くなったのでしょうが、他にメリットが少ないような?

実際に触らないと買うかどうかは分かりません。

今回の発表でさらに軽量化されることを期待したのですが、
ぎゃくに重くなってしまったのは痛いですね。

もうちょっと軽くなると、電車やバスでも使おうという気になるのですが……。

ま、いずれにしても自宅にいるときはiPadはもう必需品で、
ソファの前はもちろん、風呂にもベッドの中にも肌身離さず持ち歩いています。

で、あまりにハードに使ったのでしょうか、いままで使っていたケースが壊れてしまい、
新調しました。

その新調したケースが良かったのでご紹介しておきます。

R3272672 (800x600)


私は多くはiPadは片手で持って自炊書籍を読んだり、Googleリーダーを読んだりすることが多いです。
それで、片手で持ちやすく、軽く落としにくいというのがケースに望んでいることです。

風呂カバーの純正品も持っているのですが、よく落とすのです。
一番洗練されていて軽いとは思いますが、落として壊れたのでは元も子もありません。

こういうのはやはりリアル店舗では品揃えが少ないようです。
いつものようにアマゾンでポチリました。

R3272674 (800x600)


このカバー、シンプルな上に気に入ったのが重量が200gしかない点です。
軽い!

R3272677 (800x600)

ほとんどのケースはおよそ300g程度のものがほとんどなのです。
約100gの違いが大きいのです。

カバーをすると自動で電源オンオフします。非常にスマートで気に入りました。
特にビジネスマン・ウーマンにお勧めです。

R3272679 (500x600)

画面を逆に変更して、こういう風に片手で持つことが多いです。
指で挟むことで落としにくくなります。



関連記事

Posted on 2012/03/10 Sat. 04:50 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。