04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

便利! 654gの超薄型モバイルパソコンモニター レビュー 

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、購入したのですが、これ良いです(^_^)

R3273032 (800x533)


台湾のGechicというメーカーの製品です。
超軽量のモバイル液晶パネル。


何せ、重さが654g iPadとほぼ同じ重さ。

で液晶サイズが13.3inch
画素数も1,366×768という普通のノートパソコン並の性能を持っています。

R3273024 (800x533)
左A4ルーズリーフ 真ん中本機 右iPad

さらに

驚くのは電源がパソコンからのUSB供給でOKなのと、
スマートフォン用の携帯予備電源でも使用可能なことです。(ケーブルもそれほどごわごわしていません)
まさにモバイル。
計測してないですが、モバイルバッテリーでもかなりの時間使えるようです。

で、液晶は普通に綺麗です。(LEDバックライト)

サブモニターとしても使えますし、メインモニターとしても大丈夫です。


私はいまのところ、外に持って行くのではなく、レッツノートJ10にこのモバイル液晶とキーボード、
マウスを付けて、簡易デスクトップ環境を作っています。

J10はできの良いパソコンなのですが、やはり、画面・キーボードとも小さいのは事実で、
あれを自宅で使いたいとは思わない。

でも、この環境ならば広々とした画面でさらに、好きなキーボードで使えます。
なんといっても、
さっと使って、さっと収納できます。
この薄さと軽さですから、本棚に立てかけられます。
A4サイズのルーズリーフを立てかけるのとほぼ一緒です。


残念なのは

端子がHDMIとDsubの2つのケーブルが付属品としてついてくるのですが、、専用端子なので、
ミニHDMIとか長いケーブルを使う(付属のケーブルは1m弱の長さ)場合は
変換アダプタや継続アダプタを使う必要があることです。
普通に端子のジャックだけを付けてもらえば良かったんですが……。
R3273039 (800x533)
専用端子です。

R3273036 (800x533)
ケーブルはそれほどごわごわしていません。

今のところ弱点はその程度しか見つかりません。
アマゾンのレビューには画面調整ボタンが押しづらいという記載があるようですが、私の機体ではそういう現象はありません。

また、この前のバージョン1301という製品もありますが、汎用性を考えるとこちらの方がお勧めだと思います。


パソコンモニタの他にも色々な使い道がありそうです。
・外出時のデジカメ写真の確認用
・リビングの記念写真の鑑賞用
・病院に入院した時の液晶。
・Macミニのメインモニタ
・営業で顧客に商品説明する際にサブモニターとして
などなど

たぶん盛りだくさんです。

液晶モニタの今後はこの方向で行くのではないでしょうか。
あの
重くてごわごわした電源が付いてきて、
場所をとるモニタは不要です。

惜しむらくはこれが日本のメーカーの製品でないことです。

ソニーもパナもシャープもなんでこういうの思いつかないんだろう。




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/30 Wed. 04:41 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

30

Android端末って案外制約が多い? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
レノボIdeaPad A1端末を購入していろいろと遊んでいるのですが、
ちょっとびっくりするのが

・画面キャプチャが原則できない

・インストールできないアプリが結構ある。

ことです。

microSDカード経由でパソコンとPDFデータのやりとり等が自由にできて、
そのへんの自由さがAndroidの良さだと思っていたのですが、
結構できないことが多いのに驚かされます。
これはAndroidの特性というよりもハード側の制約なのかもしれません。
レノボって結構、管理が厳しいのかな。

例えば、
画面キャプチャですが、原則できないようです。
どうしてもやりたいときは、パソコン側にいろいろなソフトをインストールして、
パソコン側からキャプチャする必要があるようです。
私はそんな面倒なこと嫌なので、放っていますが。

また、
EvernoteやSkitchというような画面キャプチャができるアプリは
GooglePlayストアからはインストールができないようですが、
LenovoApp Shop経由からだとインストールできてしまいました。
(但し、キャプチャ機能は削減されているようです)
私の錯覚かもしれませんが、これっていかがなモノか……。ですよ。

カスタマイズがやりやすいからAndroid端末を使おうかと思う人も多いと思うのですよ。
なんてったって端末の出来不出来で言うと
圧倒的にiPad・iPhoneに軍配が上がるのですから。

さらに、他に有料アプリを購入しようかと思っても、
こういう状況では怖くて手が出せません。
せっかく購入しても、使えないんじゃないかと危惧するわけです。

そういう面でもiTunesでアプリを一元管理しているアップルはすごいですね。

まあ、インストールしてみてバグばかりでどうにもならないアプリというのもなくはないですが、
レビューを見れば動く動かない、このアプリが本当に良いのか悪いのかの情報は
おおよそ事前につかめますから安心感があります。

まだ、使い始めて慣れないのでちょっと違和感を感じてしまうのかもしれません。

いや、しかし、PerfectViewerはPDF閲覧に良いですね。動作が速い。シンプルです。
これだけでも、買った甲斐はありました。

もっといじくってみようと思います。

関連記事

Posted on 2012/05/19 Sat. 09:53 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

19

IdeaPad Tablet A1を手に入れました。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
とうとうレノボIdeaPad A1 を購入してしまいました!!

R2283391 (800x531)


中古です。
安かったもんですから。つい……。
iPadの7型が出ればたぶん乗り換えると思いますが、
それまでのつなぎということで。

目的はもちろん読書端末です。

iPadは外に持ち歩くには重いし、
SonyのReaderはまあまあなのですが、やはり動作が遅いし、
時々ハードリセットになってたりして不満がたまっていました。

A1ですが、
本体重量は400gと微妙で、専用合皮ケースと合わせても何とかギリギリ持ち歩ける重さです。
R2283393 (800x531)iphoneの倍の厚み。ちょっと厚い。




ちなみにこのケース、我慢できなくはないですが、
ちょっとゴワゴワしていてあまりスマートじゃないですね。もうちょっと薄くしてほしかったです。
まあ、使っているうちにくたびれて薄くなるでしょう。

それで、
肝心の使い勝手なのですが、
自炊PDFの
閲覧動作は速いです。
キビキビしています。びっくりしました。
安くて貧弱で不良品をつかまされるほどにレベルは低い、という先入観を持っていたのですが、
そんなことはありません。確かに高機能とはいえませんが、
不良品でなければ実用レベルだと思います。

なによりmicroSDカードが使えるのでデータのやりとりが簡単なのが良い。
さらに、USBケーブルをつければパソコン経由でもやりとりができます。
この柔軟性の良さがAndroidの良いところです。

今使っているアプリは

・PerfectViwer

・i文庫 for android

この二つなのですが、どちらもほぼ満足な使い勝手です。

むしろ自炊PDFの閲覧にかんしては
iOSよりちょっと速いかもしれません。


PerfectViwerの良い点は
余白カット機能があることです。
R2283396 (531x800)余白がカットされている。



これはSONYのReaderにも同様な機能があるのですが、
要はスキャンした画像の余白の部分を削って表示することで、
小さな液晶でも若干ページが拡大表示してくれるので見やすくなるのです。
ありがたい機能です。

そして、ページめくりは左右めくりの選択もできますし、
動作もほぼ待たされることがありません。

欠点で気になるのは
ビジュアルな本棚が用意されているのですが、私のようなハードユーザーにはちょっと使えません。
フォルダを登録しておいて後はファイルが増えたら
自動で読み込んで本棚に登録してくれる仕組みなのですが、
最初に時間がかかり過ぎます。
何しろ私の自炊PDFは容量が14GB・300ファイルくらいありますから、
登録するだけで最初はフリーズしてしまいました。
何とか粘って登録することはできましたが、
本棚の並び順は自動になっていて、手動変更ができないので、
読みたい本をかなりめくらないと行き当たりません。

検索機能も無いので、私にはこの本棚機能は使わないことにしました。

仕方なく、このアプリを使うときは、
ESファイルエクスプローラーというファイル管理アプリで
自炊PDFを検索して探し出してから、アプリを起動して使うようにしています。
よく使う書籍はデスクトップにショートカットで登録しておけば
手間が省けて、本棚のように使うことができるようになります。

i文庫の方は、
ほぼiOSと同じ使い勝手です。
違うのはEvernote、DropBox連携機能がないこと。
ファイルの検索機能がないこと
くらいでしょうか。動作スピードはほぼ一緒です。

良い点は
iOSも一緒なのですが、
ページをめくるアニメーション表示が気持ちいいです。
R2283397 (531x800)



本棚がいくつも作れますので、趣向別に棚を作って気軽に分類できることができます。
自由に棚の中を並び替えできますので、読みたい本順に並べるとかそういうことが可能です。
使いやすいです。
さらに、
メモ機能がありますから、マーカーしたいと思うページにメモを書いて保存できます。

悪い点は
これはiOSも一緒なのですが、
同じ棚に二重に登録しまったりすることが多いことです。私の場合、量が多いので、
知らず知らずに同じ書籍を複数登録してしまったりするので、
できればフォルダ表示のところに現時点でどの棚に登録になっているか確認できるように表示してほしいです。

それと、
Androidアプリの方はフォルダ内検索ができませんので、ファイル数が多い場合探すのに一苦労です。

PerfectViewerとi文庫の使い分けなのですが、

アニメーションが少ないため、若干ページめくりのスピードがPerfectViwerの方が速いことと、
余白カット機能が付いているのもあって、メインはこちらを使っています。
ただ、メモ機能とか読みたい順に本棚を並べ替えることができるとか、
そういったことはi文庫が優れている点ですので、どっちもどっちでしょうか。

メモをとりながら読みたい本は(例えば自己啓発本は)i文庫。
気楽に読みたい小説などの場合はPerfectViwerと言った具合です。

まだ、アンドロイドの世界は未熟なのですが、ネットでかなり探した範囲では、
この2つのアプリが自炊PDF閲覧ではピカイチだと感じています。

関連記事

Posted on 2012/05/14 Mon. 23:36 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

14

MacのBootCampでトラックパッドの誤操作をなくすソフト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
MacBookAirのトラックパッドは面積が広いから
マルチタッチ操作が扱いやすくなるのでいいのですが、

いかんせん、手の親指の付け根のあたりが触れてしまうことが多く、
誤操作でカーソルがあっちに行ったりこっちに行ったりすることがあります。

最近、その現象に悩まされるようになりまして、
対応策をネットで探していたのですが、なかなか無いんですねー。
MacOSならマウスを接続している間はトラックパッドは無効になる設定もあるようですが、
BootCampには無い。

必死に探して、それらしきモノがありました。

『TouchFreeze』というキー入力し始めると自動的にトラックパッドが無効になるソフトです。

インストールして試してみましたが、
これが微妙でして、
確かにカーソルが飛ぶことが無くなっているようにも見えるのですが、
なにせ、「キー入力している最中だけ」トラックパッドが無効になって、
キー入力が終わると自動的にまた有効に戻ってくれるという
器用なソフトなので、
実行性がよく分かりません(^^)


確かに、誤操作は無くなったような気がします。

気分ですね。
しばらく継続的に使ってみないと何とも言いようがないです。

同じ現象に悩んでいる方がおられましたら、案外良いソフトなのかもしれません。

関連記事

Posted on 2012/05/07 Mon. 17:45 [edit]

category: Mac

TB: 0    CM: 0

07

使えるUSBのキーボードライトを発見! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前からこういうのを探していました。

R3273000.jpg


MacBookにはキーボードライトがついているのですが
Windows機にはまだそういうのは少数です。

夜、暗いところでキーボードライトを使って作業すると
集中できるんですよ。
夜行性なのかもしれません。

従来品でもライト自体はあったんです。
でも、スイッチがついていなかったので常時ライトが点灯している状態だった。
ライトを消すにはUSBライト自体をパソコンから離さなければならなかった。
これが不精者の私には不便で……。

やっと見つけたのが
このライトなんです。
R3273001.jpg

どうも楽譜を照らすのに使われるようで楽器屋さんで売ってたりするんですね。

スイッチは一つ。
押すたびに 二つ点灯→一つ点灯→オフのように変わっていきます。
(ライトの裏の黒いのがスイッチです)
R3272992.jpg


大きさも手頃な大きさ。
R3272998.jpg

私の用途はパソコンのキーボードを照らすことなのでもっと暗くていいんですが、
結構明るい。

R3272994.jpg

なので別の用途、たとえばベッドサイドの読書灯とか高速バスツアーのライトとかいろいろ使えます。
パソコンでなくてもUSB端子さえあれば普通のバックアップ電源に挿せば使えます。

製品の質も100円ショップで売っているようなちゃちいモノじゃなくて、結構しっかり作られています。

いろいろ使えそうです。

値段は1000円程度のようです。
    ↓


関連記事

Posted on 2012/05/04 Fri. 09:40 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。