05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

DP2Xレビュー 常用カメラとしてお勧めする理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日のような雨降りで明かりが少ないのは,
フォビアンがもっとも苦手としているところです。

それでもなんとか撮ってみたいと思うのがアマチュアリズムのモットーですな!



やはり、色乗りがよくありません。

が、渋い描写で決まってはいます。

某カフェショップの画像なのですが、ISO400 S1/8というスローシャッターです。もちろん手持ち。

なんとか手ぶれもせず、OKといったところです。


先代DP2ではこういう暗い場所での撮影では色が極端に緑(青?)がかっていたような記憶があります。

DP2XではすべてJPEG撮って出しでやってますが、色が極端に変わるようなことはないようです。



こういう雨降りでは、撮影枚数が極端に少なくなる傾向があるのですが、軽く・小さいこのカメラであれば、それも「あり」ということで、苦になりません。

私が常用カメラとしてDP2Xをお勧めするのは

    ・軽く・小さい(一眼画質の中では…)
    ・画質が良い (フォビアンの画質は普通の一眼を凌駕している)
    ・F2.8という比較的明るいレンズを使っている … 室内撮影OK
    ・スピードが速い…自動開閉キャップの使用で、起動から撮影までスピードが短縮
    ・片手だけで撮影がOK
        今日のような雨降りでは、左手に傘を持ち、右手にじょうろで水を植物にやるような感じで
        カメラを操作しました。
    ・裸で鞄の中にしまえる。…微妙な表現ですが(^_^;、自動開閉キャップをつけたので、
         カメラケースとか入れないでそのままバッグの中に放ってあります。


私のような雑な人間はDP2Xは相性がいいようです。



では、DP1Xはどうなのか。

もちろんこのカメラも素晴らしい機械なんですが、

・F4 という暗いレンズなので室内撮影が厳しい
・28mmという広角レンズ、マクロモードも無いので小物の撮影は向いていない

ようはDP2Xの方が、あらゆる撮影に対応できるということです。

もちろん雑誌記者や新聞記者のようなスピードを求められる撮影はダメです。

※撮影はすべてDP2X

関連記事





Posted on 2011/06/10 Fri. 17:59 [edit]

category: DP1

TB: 0    CM: 2

10

コメント

暗い場所でのDP2X 

DP2Xの購入を考えていて、いろいろ検索していましたらたどりつきました。とても参考になりました。ありがとうございました。
ところで、薄暗いカフェや白熱電球下の屋台などで手持ちで撮影するのは厳しいでしょうか?フラッシュは使いたくないですし、三脚を持ち込むわけにもいきません。手ぶれ補正や裏面照射もないので、ちょっと不安です。開放にして感度をあげれば何とかなるでしょうか?もしご経験がありましたら、よろしくお願いいたします。

URL | okoniko #- | 2011/07/29 17:39 | edit

DP2Xの夜間撮影 

すいません!
コメントに気がつきませんで回答が遅くなりました。
「薄暗いカフェや白熱電球下の屋台」での撮影では
おっしゃっているように、F値は解放にしてISOは200くらいがいいと思います。ISO400にすると私的にはちょっと厳しい画質になります。
もういやというほど夜間撮影にDPシリーズを使いましたが、DP2Xであればよほど暗いモノでないかぎりOKです。(正直DP1Xは厳しいです)
ただ、やはり高感度撮影は弱いので、5枚に一枚ほどはブレてます。
この辺は撮影者の腕次第だと思います。

URL |  #- | 2011/08/08 04:19 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/104-09a68794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。