05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ウオルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ』を読破! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
『スティーブジョブズ』

最後までやっと読み通しました!!

分厚い書籍でしたが、およそ一週間で読破です。
結局、リアル書店で講談社のハードカバー二冊を読みました。
キンドルバージョンは今読書中です。
こっちは英語ですから、ちょびちょびとハードカバーの日本語訳文と対比しながらゆっくり読みます。

それで、何より楽しかったのは、
自分が使ってきた過去のアップル製品を思い出しながらこの伝記を読めたことでした。

パーフォーマという今のiMacのご先祖のような商品から使い始め、
ニュートン、iBook、iMac、MacBook、MacBookAir、
iPod、iPhone、iPadと使ってきました。
まさに僕はMacフリークなのです。

その一つ一つの舞台裏、裏事情、開発者間の葛藤が生々しく描いてあるのが、
僕の知識欲を刺激してくれました。
やはり、ジョブズが開発に噛んでいた製品というのは、
洗練されていてずば抜けた製品でした。

また、
ジョブズがベジタリアンで禅を精神的な修養のよりどころとしていた
ということを本書で初めて知りました。
ベジタリアンというのは長生きだと私は思っていたのですが、
56歳と若くしてあの世に行ってしまったことから、
やはり人間の寿命というのはわからないものです。
健康法というのは微々たる力しかもっていないのかもしれません。

さらに、
歩きながら考えるとアイデアが湧きやすい!というのを聞いたことがありますが、
まさにジョブズはこれを実践していたようです。
一人ではなく、二人が多かったようですが
何か問題が起き、二人で解決策を考えるときは必ずと言って良いほど
自宅の裏手にあるスタンフォード大学の周囲を散歩して、
様々な景色を見ながら話し合い、思い描きながら考えを深めていったようです。
この場面は本書の随所に見られます。

物作り、事業、起業にたいする考え方・ノウハウが本書には満載です。
もちろん一人の偉大な人間の生き様をあらゆる方面から書き尽くしてありますから、
生き方の勉強にもなります。

そういったことに興味のある方、
長編で分厚いですが、読む価値は十分あります。
お勧めです。






関連記事





Posted on 2011/11/23 Wed. 16:57 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/134-2c6b3654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。