07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

「Scrivener」とiPadの同期をやってみた 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「Scrivener」という論文や小説などの長文執筆に特化したアウトラインエディタが

Mac(最近はWindows版も)にはあります。

 

執筆以外にもアイデアメモやブログの下書き的なことにもいろいろ使えて便利ですし、

なにより特筆すべきは、iPhoneやiPadと同期ができるというのが魅力でずっと注目してきたソフトです。

 

ご存じのように

Windows、Macを見渡してもアウトラインエディタでモバイル端末と同期できるソフトというのは案外少ないです。

そういう意味で非常に希少なソフトなのです。

 

ただ、ネットでググっても、同期のやり方を解説してくれているHPはほとんどなく、

(あっても英語HPだったりするので)

手つかずに放っておいたのです。

 

 

で、最近、重い腰を上げてやっとiPadとの同期をやり始めたので、

分かったことを

覚え書き程度に書いてみたいと思います。

 

 

 

まず、

 

Mac側のScrivenerというソフトの基本画面についての説明から始めなければなりません。

 

 

ScrivenerScreenSnapz007

 

上図がMac上のScrivenerの基本的な編集画面です。

 

左側のDraftというのが、執筆したドキュメント(記事・メモ)を置いておくフォルダー。

Researchというフォルダは資料置き場と考えてください。

この資料置き場にはPDFファイルも置くことができますし、自分で作成したメモを階層的に置くことも可能です。

Draftフォルダーとの違いはPDFファイルや画像ファイルが置けるかどうかの違いで、

Draftフォルダにはテキストベースの記事しか置けません。

 

 

 

ソフト本体の説明はこのくらいにして、

 

同期についてです。





 

iPad等との同期をする場合、三通りのやり方があります。

 

 ScrivenerScreenSnapz002

 

上図のようにScrivener上でFile>Syncの項目をたどるとダイアログが出てきます。

 

(1)外部フォルダとのテキストファイルベースの同期(with External Folder)

(2)Simplenote(iOS)との同期

(3)Index Card(iOS)との同期

 上記のような三通りで同期出来るのが分かります。

 

(2)(3)はiOSの専用アプリが必要です。

(1)は汎用的に使えます。

 

 

それで、結論を最初に言いますが、おすすめで実用的なのは

やはり(1)の外部フォルダ同期です。

 

例えば、この方法ですとiPhoneやiPadはもちろん、Windowsマシンからも編集ができますし、

アンドロイドからもできます。

それに比べ、iOS専用アプリでの同期ですと、そのアプリ以外の方法は基本できません。

 

問題は専用アプリを使った方ができる機能が多いのではないか?と思われることでしょうが、

私が試したところではほとんど差はないと思います。

 

今のところ……です。

 

 

 

それで

 

ここでは、外部フォルダーを指定して

テキストファイルベースで同期する方法について書いてみることにします。

 

 

まずは、最初にするのは設定です。

 

 

上図の1番上のWith eternal folderを選択すると、設定画面が出てきます。それが下図です。

 

 ScrivenerScreenSnapz001

 

 

 

上から順番に見ていきますね。

 

 

(1)Share Folder

   <同期するフォルダー>


最初にすることは、

同期する外部フォルダーを置く場所を決めることです。

 

Finderで事前にフォルダーを作っておきます。

場所はモバイル端末と同期をするのですから、クラウドストレージであればどこでも良いのですが、

私はファイルのバージョン管理ができるDropBox上(上の例では落書きSyncというフォルダー)に作成しました。

 

ちなみに、MacやWindows、iOS,Androidのようにいろいろな機種でテキストファイルの編集をしていると、

アプリに設定されている文字エンコーディングの関係からか、

ファイルが壊れて文字化けが解消できないことがままあります。

そういう時にバージョン管理ができると、いつでもファイルを元に戻せますからDropBoxはおすすめです。

 

 

 

(2)Sync the contents of the Draft folder       

   <Draftフォルダーの記事を同期しますか?> 

 

 これは当然、チェックです。

 

 

(3)Sync all other text documents in the project    

   <プロジェクト内の他のテキスト書類も同期するか?>

 

他の、というのはぶっちゃけていうと、資料置き場のReaserchフォルダのファイルと考えて良いと思います。

ここをチェックすると、下のImportという項目が選択できるようになっていて、

Reserchフォルダ下のPDFファイルも同期してくれるようです。※私はPDFは試していません。

資料置き場にPDFファイル等で重いデータを置いている場合は、動きが鈍くなったりフリーズすることも想定されますので、

チェックを外した方が良いかもしれません。

 

 

(4)Prefix file names with numbers    

   <ファイルの頭に番号をつけますか?>

 

 ここ重要です。

ここにチェックするとMac上のScrievnerでつくった記事の並び順のとおりに、外部フォルダのテキストファイルの先頭に番号が追加され外部フォルダでその番号順に並べることができます。

 

FinderScreenSnapz001

 

このチェックがないと、番号は付加されず並べ替えはできないことになります。

私はこの並べ替えも必要なのでチェックを入れます。

 

ちなみに、ファイルの頭の番号は並び順の番号で、ファイルの後の番号は作成順の番号が自動付加されるようです。

上のFinder図のように頭と後ろに数字が付加されているのが分かります。

 

iPadのアプリ上でどう見えるかというと、それがこの下図

 

写真 H 24 09 12 22 41 34

 

DropBox同期できるアプリもiOSにはいろいろあるのですが、

私はiPad,iPhone共にWriteRoomというアプリを使っています。

 

1番気に入っているのはオフラインでも編集ができること。

フルスクリーン画面で編集できて綺麗なことでしょうか。

 

 

iPad上でもファイルの並び順を変更できないかと、ファイル名をリネームしてこのファイル先頭の番号を任意に変えて見たのですが、

同期するときに自動的に元通りに変更されてしまいます。

つまり並び順はモバイル端末上では変更は不可のようです。

あくまで並び順はMac側(つまりScrivener側)で操作する必要があるようなのです。

 

 

(5)Take snapshots of affected documents before updating  

    <記事を同期するときに過去のデータを残しておきますか?>

 

Snapshotというのは記事の古いデータを残しておくことです。

記事を書く場合、推敲しながらちょっとづつ文言を加除修正しながら記事をまとめていくというプロセスになると思うのですが、

その過去データを同期するときに、一緒に保管してくれるのです。つまり、

今編集中の記事が気に入らない場合にいくらでも前の記事にさかのぼることができるわけです。

 

ただ、DropBoxのストレージ上にデータを置くなら、そもそもDropBox上でバージョン管理が

できますのでここは不要だと思います。

私は一応チェックしているものの使ったことはありません。

 

 

(6)Check external folder on project open and automatically sync on close

    <指定された外部フォルダをプロジェクトのオープン・終了のときに同期するようにしますか?>

 

ここをチェックすると、Mac側のScrivenerで加えた変更はScrivenerを終了したとき。

外部フォルダ内のテキストファイルに加えた変更はMac側のScrivenerファイルをオープンしたときに

反映されるという仕組みになっています。

 

ここは当然チェックです。

 

 

 

重要なのはここまでなので、以下のチェック項目は省略します。

 

 

以上の設定で

同期ができるようになります。

 

 

Scrivener上でFile>Sync>with eternal folder now の操作をして同期をやってみてください。

 

ScrivenerScreenSnapz005

 

同期がうまく言った場合はScrivener上に上記の図のような表示がでて、

指定した外部フォルダーにはテキストファイルが出現しているはずです。

 

あとは、習うより慣れろです。同期のタイミングを実際にやりながら覚えていった方が良いと思います。

 

注意すべきは

Mac上のScrivenerファイルはこまめに同期させるか、ソフトを終了して同期してからモバイル端末で編集作業をすることです。

同期矛盾が発生する可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

Scrivener App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,900

 

 
 
 
 
関連記事

Posted on 2012/09/17 Mon. 04:29 [edit]

category: Mac

TB: --    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。