09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Sonyの高級デジカメ RX100をレビューしてみる。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
RX100.jpg

購入して10日ほどが経過したので
その使用感などをレビューして見たいと思います。


まず、結論を最初に言うと、
ポケットに携帯できるコンパクトデジカメとしてはバランスのとれた最高なカメラだということです。


前にも書きましたが、
アマゾンのレビューを見ても、価格コムのレビューを見ても、雑誌の企画を見ても
このカメラを称賛する記事ばかりです。

Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック



価格.com - SONY サイバーショット DSC-RX100 レビュー評価・評判



マイナスの評価というのはほとんどありません。

高画質をこんなにコンパクトに収めた”ことが何より称賛されているのです。


胸ポケットに入りますから、いつでも持ち歩けますし、シャッターチャンスを逃しません。
しかも、ムービーも高性能で使えます。


ですから、ここでチンケな称賛記事を書いても二番煎じだというのは分かっているので、
シンプルにこのカメラの
良かった点と悪かった点をあげて文章にしてみたいと思います。



<良かった点>


携帯性が優れている



これがなければ、多分、このカメラは評価されません。
胸ポケットに入る。ズボンのポッケにも入る。どこにでも持ち運んでいけて、
シャッターチャンスを逃がさず、
しかも苦にならず高画質なところが大きな魅力です。

それなら、リコーのGR4があるではないかと思われるでしょう。
確かにGR4も画質は良かったのですが、

しかし、
残念ながら撮影素子が小さすぎます。

多分、時代が変わったのだと思います。
今までは、GR4は”比較的”高画質だったのですが、
今はそれをしのぐカメラが目白押しで各社だしてきているのです。

いつの間にか画質面では抜かれてしまったのだと思います。


何れにせよ、この高画質で胸ポケットに入るコンデジはいまのところRX100が最高です。



画質が安定している



先日掲載した記事では、残念ながら画質はDP1mirrillには及ばないという結論を下した分
わけですが、
ソニーRX100とシグマDP1merrillの画質を比較してみた! - いざ 出発!!



まあ、あれは企画倒れです。
神画質のDP1Merrillと比較するほうがそもそもおかしかった!
すいませんm(__)m


RX100の画質は一番ではありませんが
一眼を含めたデジカメの中でも、十分合格点です。

誇張ではなく一眼と画質はほぼ互角です。

明るい日差しのあるところから、室内のやや薄暗いところ、それと夜間撮影の高感度撮影が必要なケース。
いずれの場合でも、70点はつけることができます。

この辺が普通のコンパクトデジカメだと、非常にばらつきがあるのです。

DP1Merrillにしても、明るいところでは確かに高画質の最高な写真がとれるのですが、
ちょっと曇り空になったり、室内撮影となると
とたん、バッドな写真を量産しまくってしまう使えないカメラに変貌してしまうのです。

この
「安定して高画質な写真が撮れる」

という点がこのカメラの画質を述べる上で、大きな特徴ではないでしょうか。




<悪かった点>


オート撮影モードのボタンが多すぎる



いろいろな機能が点てこもリで、正直ついていけません。

デジカメで一眼並の画質を確保したがためにこれだけの機能を盛り込んだのでしょうが、
私的にはこれが逆に評価を落としています。

 何しろオート撮影(モドキも含めて)ボタンが4つもあるのです。

R3274094.jpg

・おまかせモード
・プレミアムおまかせモード
・ プログラムモード
・シーンモード

私にとってはこの4つのモードって同じにしか見えません。
使いませんから。(AVモードを使います)

多すぎます。オート機能はせいぜいボタンは2つで十分ではないでしょうか。



操作ダイヤルがちぐはぐ



大きなコントロールリングがこのカメラにはついていて、
そのリングにはいろいろな機能を設定できるのですが、

これが分かりにくい。
R3274093.jpg


例えば、絞りの調整がリングでもできるように設定できるのですが、
撮影モードや設定にによって、機能が働かなかったりするわけです。

どっと疲れます。最初はなぜ使えないのか慌てました。

もっとシンプルにして欲しいです。
この辺はGR4のシンプルさを見習って欲しいですね。



マニュアル・フォーカスの使い勝手がいまいち



DP1Merrillと画質比較をする際に、大きく違いを感じたのが
マニュアルフォーカスモードの使い勝手、特にコントロールリングの使いにくさです。

確かに大きなリングがついていますので、使えることは使えるのですが
あまり質が高くないように思います。(DP1Merrillが良すぎるのかも?)

R3274096.jpg


RX100のコントロールリングはリングの速度が遅く、回せども一向に変化が見えず、
調整に時間がかかるように思います。
そもそも近づいているのか遠くなっているのかの表示もありませんし。
遊びの部分が多いのでしょうか?

それと拡大表示されるのですが、視認性が良くないように思います。
それを補うためにフォーカスされている部分を色塗りできるピーク機能なるものがあるようですが、
いまいち馴染めません。

まあまあ、なんとか使える、というのがこのカメラのマニュアルフォーカスモードの素直な感想です。
液晶やリング自体の作りは良いわけですからもったいないと感じます。




最後に



悪い点をいくつも上げてしまいましたが、カメラ全体としては、
最初に述べたように携帯性と高画質というのが、これを補ってあまりあるものにしています。

このレビューはあくまで使用はじめて10日間の暫定的なものです。

私の知らない機能もあるでしょうし、
今後ファームウエアもバージョンアップするでしょうから
設定もどんどん変わるでしょう。

それに期待したいです。

購入してハズレのないカメラだと思います。




関連記事

Posted on 2013/02/19 Tue. 05:35 [edit]

category: RX100

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/311-48137ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。