04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Aperture3の魅力 お勧めの画像官理ソフト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Aperture App

カテゴリ: 写真

価格: ¥6,900



写真画像の管理にApertureを使い始めて、4年以上になります。


最初はとっつきにくく、用語の意味も分からず、
付属の説明書を見ても仕組みが分からないために、ストレスが溜まり、

購入後半年以上も放置していました。


バージョンとマスターの違い、プロジェクトとアルバムの違い、
スタックってなんじゃってなことで、
まったく馴染めませんでした。

しかし、徐々に遊びながら、実験を繰り返しつつ慣れてきて、
その機能性の高さに感服すると、もう手離せないソフトになってしまいました。

アップル - Aperture - プロのパフォーマンスを、iPhotoのシンプルさで。







iPhotoやWindowsの画像管理ソフトもたくさん試してきましたが、
やはり、もの足りません。カメラを趣味として扱うならば必携のソフトだと思います。



ここが良い



初心者の私から見て、
どこが良いかと言いますと


(1)ワンボタン操作

Gmailも似たようなユーザインターフェイスですが、
それと同じようにワンボタンで画面の切り替えができるのが素晴らしいところです。

私がよく使うのは
「Z」…… 原寸表示
「F」…… フルスクリーン表示
この二つ。
バカの二つ覚えみたいにこれだけを多用します。

ワンボタンであっという間に切り替わります。
(当たり前ですが)
トグルになっていて再度押すと、元にもどります。


これが良いんです。
(もっともMacではデフォルトでキーカスタマイズ可能です)

ピンボケを確認したり、画像の解像感や高感度撮影の色味を確認する時には、
やはりこの表示が欠かせません。

ワンボタンでピュヤっと表示してくれるのは、気分爽快です。


(2)カスタマイズ性

前回、記事にしたとおり、メタ情報を簡単に画像下に表示することができて、
しかも、カスタマイズできます。

Apertureのメタ情報の表示をカスタマイズする - いざ 出発!!



カメラが趣味の人は、良い写真、悪い写真を見ると、
どういう撮影条件だったのか確認したいと思うはずです。

それが、複数画像の管理画面でも、個別の表示画面でも簡単に表示できます。

もっとも、このカスタマイズできるというのが、設定を複雑化している要因でもありますが……。

また、
複数の写真を同じ画面で比較することもできます。
これは、並の画像管理ソフトではできないことだと思います。


(3)外付けHDDで管理可能

今のようにカメラが進化して画素数が増えてくると
画像データの容量はどんどん大きくなりますから、パソコンのHDD容量だけでは心配になってきます。
そうなると、
何とか外付けHDDで管理したり、ファイルを分けて保管したいと思うものです。

それが、Apertureでは可能です。

外付けのSDカードでも良いですし、HDDでもいけます。

私のメインパソコンはMacbookairでSSD容量が小さいので、非常にありがたい機能です。
バックアップ管理もやりやすい。

例えば、海外旅行専用のHDDや、仕事専用、年代別にHDDを揃えたりと柔軟にできます。
また、二つのファイルを一つに統合したりも可能です。


(4)レスポンスの軽さ

私の記憶ではこの4年間、このソフトがフリーズしたりレインボーカーソルが
回ったりすることはあまりなかったと記憶しています。

もちろん、Core2DUOや、やや古い型式のMacではファンが勢いよく回ります。
それは機械のCPU次第のようで、仕方ないことのようです。

今、私の使っているメモリ4Gの2012年midのMBAでは、
ほんと静かに操作できることができます。
無音です。

Chromeやいくつものソフトを同時に立ち上げているのに……。
気分が良いですね。

また、余談ですが、
アップルのソフトは基本的に5台のMacにインストールできるのも気に入っている点です。
(注:ソフトにより若干違いあり)

Macってのはこういうところが素晴らしいところです。



欠点は



不満は
ほとんどないのですが、


シグマのDPシリーズのカメラが好きなのですが
発売されて数年たちますが、いまだにRAWデータに対応していないようです。

この先もアップルは対応する予定がないようです。残念なところです。



Aperture App

カテゴリ: 写真

価格: ¥6,900
関連記事

Posted on 2013/02/26 Tue. 15:55 [edit]

category: Mac

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/317-ebe40b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。