05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

私のノイズキャンセリング・イヤホン (BOSE QuietComfort15の代替として) 

このエントリーをはてなブックマークに追加
日常的にBoseのQuietComfort15(以下Cm15と略します)というノイズキャンセリングヘッドフォンを愛用しています。


BOSE QuietComfort15 【並行輸入品】ボーズ クワイアットコンフォート15



しかし、やはり結構大きいので、
外出するときにバッグの中に入れるのには躊躇することがままあります。



そんなとき以前は、
適当にiPhoneに付属していたイヤホンなどを使っていたのですが、やはりノイズは盛んに聞こえてきます。


カフェで隣の方の話し声などがとくにうるさくてノイキャンが欲しくて仕方がない時があります。



どうしたものかと考えました。





■EtymoticのEr4Pというイヤホン



思い出したのが
もう2年ほど前に購入していたイヤホンでした。

【国内正規品】 Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B


この渦巻き型の形をした特徴のある高級イヤホンです。

DSC00704.jpg


価格コムなどのレビューで防音性が非常に優れているという評判を覚えていました。

この渦巻きはまさに「耳栓」です。


しかし、当時そういう使用方法は考えたことはありませんでした。



ただ、音質はプロのミュージシャンが利用しているだけあって
SONYやBOSEのように低音の響かない、
(従ってあまりチューニングされてない)ピュアな良質な音が聞こえてきて好印象でした。




ただ、このイヤホンを使わなかったのは、

線が太く長いので、ゴワゴワしていて取り回しにくかったのと、
耳栓のようなあの竜巻上のイヤピースに違和感を感じてしまったからでした。

イヤホンをあそこまで耳の奥に差し込むことに抵抗を感じたのです。





■簡単におさらいを




そういえば当時、簡単なレビュー記事を書いていました。


目からウロコのイヤホーン - いざ 出発!!






簡単すぎたので
改めて写真等を交えてご紹介してみましょう。


DSC00712.jpg
結構な箱に入っています。

DSC00707.jpg
中には数種類のイヤーピースやシャツクリップ、交換用の部品などです。タダのイヤホンにこれだけのものが入っているのも珍しい。

DSC00709.jpg
専用ケース。小さくて高級感にあふれています。非常にこれは重宝します。

DSC00710.jpg
他の種類のイヤーピースが入っています。プロ使用のイヤホンらしいところです。高級感があります。

DSC00705.jpg
このゴワゴワしたラインがちょっと苦手です。

DSC00702.jpg
あまり綺麗とはいえませんが。




■ノイキャンの効果



さて、今回の目的であるノイズキャンセリングを効果的に機能させるためには、
ただ単に耳に挿入したのではだめで、


ググッと回しながら耳に押し込む必要があります。


そうすると、本当に耳栓になります。(^^)



本当に外の音が聞こえません。
音楽を鳴らせばカフェでも「シーン」となって、騒音はストップします。


雑音を除去することについてはCm15を越えているかもしれません。



外で歩きながら、自転車に乗って使用するのは避けた方がいいでしょう。危ない危ない。




■Bose Cm15との比較




BoseCm15との違いは


Er4の音は非常にシンプルで拍子抜けするくらいに自然な音が出てきます。
低音はほとんど響かなくってどちらかというと中高音よりの音です。

低音が響くイヤホンが多い中、非常に珍しく好意的に聞こえます。

私は好きです。


ただ残念なのは
まれに静かな環境だと自分の呼吸音・心臓音などが混じって聞こえるところです。

耳栓をしたときに、ゴワゴワという音とともに聞こえてくるあの音です。

これはやはり不快です。
残念なところですが、耳栓なので仕方がないでしょう。




対して、Cm15の音質は


低音が響いて
適当にチューニングされた紛れもなくBoseの音です。

こちらの方は自分の呼吸音や心臓音も含めて周囲のノイズを一斉に除去してくれますので、
音はいっそうきれいに聞こえます。



音質というところだけを取るとやはり値段もはるだけあって
Cm15の方が好みですし上質だと思います。


ただ、私の使用場所はあくまで外出時のカフェなので、
ここでは心臓の音も呼吸音もほとんど気になりません。


とにかく近くのおばちゃんやお姉さんのしゃべる音を遮ってくれさえすればOKなのです。


ノイキャンの性能自体はどっこいなので割り切ることが大切だと思います。。






それと装着感なのですが、



Er4は耳栓で耳の奥まで挿入する必要がありますから、
これが好きでない方はちょっと難しいかもしれません。

しかし、ほとんど慣れの問題です。

Cm15の方は、短時間の使用ではまったく問題を感じないのですが、
20、30分もたってくると耳の中が蒸れてくるのが難点です。



どちらも慣れると克服できる問題なので互角といったところでしょうか。





■最後に




私がこのイヤホンをおすすめするのはあくまで外での使用でのCm15の代替。
ノイズキャンセリングとしての使用です。


とんがった製品なので音質や装着感を含め、好き嫌いがはっきり出てくるとは思いますが、

アマゾンや価格コムのレビュー等は結構良いので、
はずれはないと思います。




Cm15の代替品を考えている方にはおすすめです。





こちらは私のと同型のやつ

【国内正規品】 Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B
Etymotic Research
売り上げランキング: 15,831





こちらは安くって1万円を切っています。

【国内正規品】 ETYMOTIC RESEARCH インイヤーイヤホン HF5-COBALT
Etymotic Research (2009-02-09)
売り上げランキング: 4,873



関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 04:44 [edit]

category: iPhone iPad

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/336-30d25cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。