05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

年賀状の裏表を一つの画像で合成してPDFファイルに保存する方法  By Macユーザ限定 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期になるといつものことですが、年賀状の整理で頭を悩ませます。

僕の場合はシンプルに届いた年賀状をゴムでくくってから、
ポイっと紙袋に保管していました。非常に簡単です。

それは良いのですが、3年分くらいを保管するとなると結構なスペースを取られます。





次回見返すのは年賀状を作成する1年後の12月で、
その間使うことはまずありません。

年に1回しか使わないのに引き出しのスペースが取られるのは非常に非効率的で
もったいないなと思っていました。



PDFで保存できれば良いとは思っていたが



数年前に一度、Scansnapを使ってPDFファイルで保存したこともあったのですが、
単純に両面をスキャンしただけでは表裏の表示が見にくくって使いにくく、
それ以降、現物で保管するようになっていたのです。

表裏の画像が1枚に合成した状態でPDFに保管できたら、
というのがかねてからの念願でした。

IMG_0265.jpg
左側のように単純に裏表のスキャンしただけでは非常に見にくい。右のようにはがき裏表が1体の画像になっていれば見易い



ところが、最近になってひょうんなことからやり方が分かったのです。
まったくバカらしいほど単純でした。





どうやるの



プレビューというMacにデフォルトでついてくるアプリを使用するのです。(Macユーザーの方限定です)


以下、その方法です。



1.スキャンしてPDFで保存する



Scansnapでも他のスキャナでもいいので、年賀状を表裏交互になるようにスキャンしてPDFファイルで保存してください。
それから、プレビューでファイルを開きます。

1


2.プレビュー上でファイル>プリントをクリックします



2


3.設定を変更します



ダイアログが出てくるので設定を変更します。まずは「プレビュー」の設定変更
用紙はA5サイズが適当です。自動回転等のチェックをはずします。

3


4.つぎに進みます



つぎに「レイアウト」設定画面に進むのでボタンをクリック

4


5.レイアウトの設定ダイヤログを変更します


ぺージ数/枚を2枚に設定するのがミソです。

5


6.保存



設定が終わったらPDFのボタンを押してファイルを保存します。
6

7


7.出来上がり




8

保存されたPDFファイルを開けてみると
年賀状の表裏が合成された1枚の画像として保管されています。



終わりに



やり方としては、Scansnapの設定画面で表裏2枚を一つのPDFファイルとして保管して、
人数分のPDFファイルを作る方法もあるようですが、
あまりいっぱいファイルがあると使いにくいので、僕はこの方法が気に入っています。

なお、最初に単純にスキャンしただけのオリジナルPDFも
後々の為にクラウド上(EverNote等)に両方保管した方が良いように思います。

Windowsでどうやるかはスイマセン分かりません。

プレビューっていうのはなんてことないようなシンプルなアプリなのですが、
本当に使い勝手があります。

Macを使ってて本当に良かった!!

関連記事

Posted on 2014/01/05 Sun. 22:36 [edit]

category: Mac

TB: 0    CM: 3

05

コメント

 

ScanSnapで両面をスキャンした後、Acrobatで
ファイル→文書のプロパティ→開き方→ページレイアウトを見開きページ
でOKとすするだけでいいのでは?

URL | 通りがかり #- | 2014/01/06 10:40 | edit

見開き表示での対応の件 

こんにちは。

仰るとおり表示を単に見開きにすればそれで解決と思われる方もおられると思います。
ただ、Macの場合、プレビューなんかを扱っていると間違って簡単に順番を入れ替えてしまったりできますし、アクロバット以外のPDFソフトをデフォルトに設定すると見開き表示ができなかったりします。
なので、やはり、ここは表示ベースではなくそもそもの画像ベースで見開きに合成してしまった方が安心できるのではないかという話です。
それとScansnapには「見開き作成」という画像合成のユーティリティーも付属しているのですが、一つ一つ作業する必要があって使いにくいと思ったために何とか解決方法を模索していたという事情もありました。

あくまで参考にしていただけたらと思います。

URL | atsuo60 #- | 2014/01/06 13:56 | edit

 

なるほどですね。ただ、Acrobatだと裏が横位置でも、縦位置+横位置で見開き表示できるのがメリットだと思います。

URL | 通りがかり #- | 2014/01/06 14:43 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/384-bad86f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。