05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

GRの親指AFボタンが使いやすい! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
GRの悪いことばかりを書いてきました^^;しかし、当然ですがいいこともいっぱいあるのです。

その最たるものが「親指AF」ボタンの存在。


http://farm3.staticflickr.com/2931/13988521485_fdd7055c02.jpg


これがあるがためにマクロ撮影がしやすくなる。





 

マニュアルフォーカスモードになっていても
親指AFボタンを押すとカメラが被写体に合焦してくれます。

そうすると、シャッターを切ってもフォーカスは動くことはありません。
(当たり前です。マニュアルフォーカスモードなのですから)

http://farm8.staticflickr.com/7366/13985313302_686166077a.jpg
後は、取り敢えず合焦している状態から
さらに被写体の中の芯に向けて照準を定める作業をします。


Untitled

芯というのは、被写体の一番のチャームポイントのこと。


http://farm6.staticflickr.com/5126/13988967624_5f7e4c4bb3.jpg

被写体の一番のチャームポイントにきっちりフォーカスが合致している写真が
素晴らしい写真だと思っています。

マクロ撮影では被写体のどこに芯を持ってくるかで印象が全く違う写真になります。

http://farm3.staticflickr.com/2923/13965404326_dc4eedfe71.jpg

それが、この親指AFボタンがあるがために、非常にスムーズに操作することが可能になるのです。

ちなみに、僕は親指AFボタンのレバーは上をAELに設定しているので、
この操作をする時は、レバーを下に倒してC-AFで操作するようにしています。

GR

 

この辺も気持ち良いボタン配置のように思います。

 


関連記事

Posted on 2014/04/25 Fri. 15:04 [edit]

category: GXR

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。