06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Windows版Scappleも快調に使用できます。ロジックツリーに最適かも! 

このエントリーをはてなブックマークに追加






Let's note RZ4を導入してから
最近ではMacを使う機会がめっきり減ってしまっています。


決して今も所有するMacBookairに不満があるわけではありません。マシンの性能はMBAの方がRZ4より上であることはよーく認識しています。特にトラックパッドや、一部のマック専用ソフトたち。すばらしいと思います。

でも、日本語を扱う上ではまだまだMacは完全に日本に同化しておらず、使いにくく感じることも多いのも事実です。このへんの話をすると長くなるので割愛しますが、要は、今でもMacの愛用のソフトたちを時々使ってみたいという衝動に駆られることが時々あるとういことです。

Aperture Scapple Keynote Ulysess などなど。

その中で非常に使いやすいソフトだったScappleというマインドマップソフトのWindows版があることを最近知り、早速導入してみたのです。


Scappleというマインドマップソフトが出た! - いざ 出発!!




このソフト、操作のシンプルさと分かりやすいマップが作れると言うことに関してはナンバーワンでしょう。
























Mac版との違い






こちらのHP https://www.literatureandlatte.com/scapple.php
で購入するのですが、Mac版を持っていたので2000円弱で購入できました。


驚いたことにほとんど同じように使えます。
キー操作は相変わらずシンプルでするすると入力できますし、色付けやシートの形状も同じです。
違う点は僕が気づく範囲では

キーボードショートカット、それにフォントが違うくらいかな……、と言ったくらいです(適当です。違うかも)。
特に僕がよく使うショートカット(Ctrl+MやCtrl+H)は使えず不便なので、「鍵盤の執事くん」というフリーソフトでカスタマイズして何とか乗り切っています。

Vector 新着ソフトレビュー 「Keyboard Butler ~鍵盤の執事くん~」 - アプリケーションごとに異なる内容で設定できるキーボードカスタマイズソフト






どんなときに使うのか







それ以外は全く同じように使えています。
ほとんど違和感なし。


このソフト、マインドマップソフトでは珍しく「自動改行」してくれるので長文の入力にストレスがなく。普通にこのソフトで文章を書いたりできます。
また、何かを考え中に苛ついたり、なにを考えているの分からなくなったときに頭を整理する目的で使ったりしています。

最近使っていてこのソフト、コンサルタントがよく使うロジックツリーを作るのに最適だと言うことに気づきました。




キーボードショートカットでスパッと矢印キーと連結したシートが簡単に作成できます。



ショートカットはこのように


僕は本職ではないので時々しかロジックツリーは使いませんが、本職の方や、興味のある方、是非、このソフトで試してみてください。





関連記事

Posted on 2015/07/02 Thu. 19:21 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/444-067a7f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。