03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

一太郎をシンプルなエディタとして使う方法! 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Let's note RZ4をメインパソコンとして最近使い出して気づいたことがあります。
それはWindowsの定番ワープロソフト一太郎の使い勝手。

一太郎ってのはワードの互換ソフトだと今まで思っていました。
ワードを(高額で)購入できない会社や個人の人がワードの代替として使っているのだと思いこんでいました。

でも、それってひょっとして間違っていたのかもしれません。

最近になり、シンプルなテキストエディタとして
非常に便利に使えることを知ったのです。
(つまり、テキストエディタの代替ができるのです)






偶然でした。

DropBoxに保存しているテキストファイルをプログラムから開くを選んで実行し、いつものように秀丸を選択するつもりだったのですが、まあいいやと一太郎を選択してみたのです。



すると「エディタフェーズ」という素っ気ない画面でテキスト画面が表示されました。
でも、この画面は僕はそっけなさ過ぎて編集する気になりません。
ではと、基本編集フェーズに切り替えることができるか試してみたのですが、なんのことはない切り替えできて、通常の一太郎の縦書画面で操作できるではないですか。



僕は一太郎はリッチテキスト専用ソフトなので、テキストファイルを扱うと非常に使い勝手が悪いものと思い込んでいました。

つまり、
一太郎、ワード = リッチテキストだけを編集するソフト
秀丸、WZ9、Verticalediter = テキストファイルだけを編集するソフト

こういう図式が僕の頭のなかに固定化していたのです。

でもそうではないんですよ。一太郎は両刀遣いだったのです。



何が良いのか




一太郎がテキストエディタとして使えたら何がいいのかというと。

・ページ枠が綺麗に表示され、今、何ページを編集しているのかが直感的に分かるので、進捗状況が把握しやすい。
・ほぼ見た目どおりに印刷される。
・縦書が綺麗に表示され、また文字数・行数が設定されたとおり表示される。
・クラウドでスマホのエディタアプリと連携でき、パソコンが使いやすくなる。

たったこれだけのことなのですが、僕にとっては非常に大切なのです。



設定など



参考までに僕がやった設定は
一太郎のオプションメニューで

・通常使用する保存形式を「テキスト形式」に変更。
・テキスト読み込み時に作業フェーズをエディタにする。を「しない」に変更。

これだけです。(ちなみに一太郎 承の場合です)
(つまり、常時テキストエディタとして使う設定にしたということ)

するとほとんどストレスなく、秀丸やWZと同じようにテキストエディタとして動いてくれます。
しかもマクロもできますし、原稿が完成すればリッチテキストに簡単に変更もできるのです。

言うことなしです。

こんなことにいまさら気づくなんてアホだと思いますが、まぁ、最近までMac一直線だったので仕方ないでしょう。
Windowsの良さをますます認識しはじめている毎日です。



関連記事

Posted on 2015/07/08 Wed. 07:24 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/446-8293b3f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。