07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

いざ 出発!!

写真初心者のつぶやき

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

自炊PDFを読むのに適した端末はどれか。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
今のところ

僕の頭の中では


電子書籍=自炊PDF


です。

なぜなら今各社が出している電子書籍を買うつもりが毛頭ないからです。

だってそうでしょう。

購入した電子書籍はソニーのReaderならReaderだけ。シャープのガラパゴスならガラパゴスだけしか

読むことができないのです。

こんな非効率なことはありません(`ヘ´)

せっかく買った書籍がゆくゆくは読まなくなること必定です。

僕は各社が発売する電子書籍がどの端末でも読めるようにならない限り、電子書籍は購入しません…。

その点、自炊したPDF文書はどの端末でもどのパソコンでも読むことができるのです。


ま、この話は置いといて

自炊のPDFを読むためにいろいろ試してみたのですが、結果的にMacBookAirになってしまったということですが。

PDFを読む場合、やはり早めくりをしたり、しおりを挟んだりアンダーラインをしたり

いろいろとしたくなります。

今のところこの機能があるのは

電子端末ではソニーのReaderとiPad、iPhone。ということになります。

アンドロイド端末はまだ発展途上の段階のようです。


ところが、iPad(iPhone)の場合、PDFビュワーと呼べる素晴らしいソフトがいくつもあるのですが、

例えばAというアプリでしおりを入れたPDFを、Bというアプリでしおりを取りこんで読むことはできないのです。

それぞれのアプリはどうも独立しているようなのです。

ならAというアプリだけを利用すればイイじゃないかということになるのですが

アプリがどんどんバージョンアップしてくれるおかげで、どんどん新機能が利用できるようになるのですが、

その時々の一番高機能なアプリで読みたいと思うのが人情です。そうなると今はAを使うのですが、来週はB

その次はCを使いたい、ということが起きてくるのです。

そうすると、ええい面倒くさい!ということになっちゃうんです。

(僕って欲張りなんでしょうか?)


あとソニーのReaderですが、PDFの閲覧は確かにできるし、ブックマークやアンダーラインもできるのですが、

やはり拡大縮小がスムーズにできないところがPDFビュワーとしてみると大きな致命傷です。

文庫版はなんとか拡大しなくても見れるのですが、単行本や雑誌の場合は拡大しないと見れません。また拡大して見れたとしても、操作性が悪くて

そのうち扱うのがいやになります。

それとバックライトがないというのがつらいです。やはりバックライトがあったほうが特にPDF文書は読みやすいです。


で、実はそうこうしているうちにMacBookAirの11インチが発売されちゃいまして、これがPDF文書の閲覧もできるし、編集もできるんです。

ScanSnapを購入したときにAdobe ReaderProfessionalも付属でついてきたので、しおりの編集やとにかくやりたいことがすべてできることに気がついたのです。

あわせて、キーボードの入力もできます。

こりゃ何も悩む必要なんかないじゃん!何もわざわざ電子端末を使う必要などないんです。

MacBookAirは軽いし薄いしバックライトあるし、操作性抜群だし…。

ということです。


それで今は

・通勤時 iPhone

・自宅、茶店等 MacBookAir

・お風呂時 iPad

こういう使い分けができてしまいました。


いやー。MacBookAirって素晴らしい機械です!!!
関連記事





Posted on 2011/01/31 Mon. 09:29 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://atsuo60.blog24.fc2.com/tb.php/47-2c786973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。